発達障害のある 小学校5年生の*くぅ* パワフル&ファンタジーのオンパレード(▽`* ・・・コメントや、掲示板&Mailに感想をお願いします
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
*2年生最後の面談*
2009-03-16 Mon 09:58
授業参観の後・・・
恒例の面談をお願いしてあったので、あい先生となか先生の3人で行ってきました。
ほとんどの時間を2松で過ごす*くぅ*にとっては、本当にあい先生にお願いすること・・・
そして、なか先生にサポートしていただくこと・・・ がたくさんです。
本当にすいません・・・という心と、感謝の心でいっぱいなのが実情です!!
そんな面談での日記です。



本当に今年度も頑張った*くぅ*です。
勉強面では・・・
若干苦手な部分もありますが、大きく目立って落ち込んでいる部分もなく。
先生方の協力と、ここは本当にばーちゃ大きな協力がなければこうは行かなかったと思います。
恵まれているんだなぁ・・・。と言葉に表せないくらいの感謝の気持ちです。


生活面では・・・
冬休み明けから、情緒が不安定な部分が多く・・・苛立ちを見せたり、興奮して激高して怒ったり、おしゃべりが多かったりと・・・etc。
決して穏やかではない日が多い様です。

おこりんぼはいけないよ。
毎朝そういって送り出しているのだが・・・。
今は、そんな出来事があっても 次の時間には何事もお互いなかった様に過ごせているが。
*くぅ*もお友だちも成長するにしたがって、何でもない様なことに怒ってばかりいたら・・・お友だちも離れていってしまう可能性だってだろう・・・。
そうなる前に、何とか心のバランスを保てる技を持たせてあげたい・・・。
そんな話を先生としながら、*そら*は去年 なかよしを担当してくれた くわ先生の言葉を思い出していました。
「人間の中で1番大きなエネルギーは、怒りのエネルギーなんだそうです。
その怒りのエネルギーとどううまく生活していくか・・・そこがこれからの*くぅ*くんが過ごしやすくなるかならないかの ポイントになると思いますね」
ちょうど1年前のお話ですが、今がまさにそうなんだなぁって。


そして、1番大きいな出来事は、
ある日の昼休み *くぅ*は粘土をして遊びました。
始める前に、粘土はお片づけやその後手洗いなどしなくてはいけないのだから、早めに止めて5時間目の準備をしなくてはいけないよ!!と 先生に言われていた様。
でも、*くぅ*はなかなか止めることが出来ず、結局5時間目に間に合わないで教室に戻りました。
遅れて入っていった*くぅ*は、慌てていた部分もあったのでしょう。
扉を閉めるのを忘れてしまいました。
そこでお友たちが閉めてあげようと思って動いていると所に、閉めなかったと思い出した*くぅ*が戻ってきました。
慌てて閉めた*くぅ*の扉は、お友だちの手をはさんでしまいました。
幸い怪我はなく済んだので、
く「ごめんね」
お「いいよ!!」



で、本当なら終わる内容だった・・・。のですが、その後・・・*くぅ*は怒り出してしまって。
その理由は、+僕は閉めようとしたのに、お友だちが閉めたからはさまったんだ。僕が悪いんでなくて、お友だちが悪いんだ!!+と。
そして、手がつけられない程怒り出し・・・なかよしへSOS信号が出されました。
なかよしから先生も来て下さって、でももう興奮して手がつけられない。
体の成長もあり、以前より振り払う力も強くなってきて・・・。
周りのお友だちも、そのお友達より 怒り出した*くぅ*くんの方がおかしい!!・・・そんな雰囲気になり。
(↑これはごもっともだと思います)
最後には、教室から出すしか方法がありませんでした。

今までは、何かが出来ないや、日常生活に関連したパニックでしたが。
こんなパニックは初めてでした。

上の出来事は、私から見たら +誰が悪い!!+ という内容ではないと思います。
ひとつ悪いことをあげるとしたら、時間に間に合わない行動をしてしまった*くぅ*が、悪いですが。
人間忘れてしまうこともあるので、扉を閉め忘れることもあります。
その行動に対して、お友だちは閉めてあげよう!!というやさしい行動です。
そして、閉め忘れてしまった・・・と思い出して行動した*くぅ*も 正しいです。
そこに運悪く手をはさんでしまったという出来事が起こってしまいましたが、お友だちを傷つけようと思ってした行為ではないので、仕方なかったと思います。
ありがとう・・・。
ごめんなさい・・・。
その二言で済む出来事だと・・・。

今でこそ少し気持ちの中間を学びつつある*くぅ*ですが、考え方の根源はまだ・・・1か10か・・・と極端です。
4・5・6が分かると、本当に過ごしやすくなるのですが、なかなかこの中間を教えることは難しいです。
<1か10か・・・極端な考え方の例>
扉を閉め忘れてしまった。
   ↓
僕が閉めた扉で、手をはさんでしまった。
   ↓
誰かが悪いから起こったんだ。
   ↓
手をはさんだのは 僕だ。
   ↓
だから、僕が悪いんだ。でも、閉めようとしたんだから 僕は悪くない。
   ↓
なら 誰が悪いんだ・・・・ お友だちが僕の行動を邪魔したのが悪いんだ!!



<4・5・6のある考え方の例>
扉を閉め忘れてしまった。
   ↓
僕が閉めた扉で、手をはさんでしまった。
   ↓
扉を閉めてくれていると気づかなかったんだ。手をはさんでごめんね。
   ↓
いいよ。大丈夫だよ。
今度は気をつけてね

そんな感じで終わるだろう・・・。
まだ*くぅ*にはまず、何か悪いことがあったら 誰かが悪い!! その気持ちばかりなんだろう。
そして、自分を正当化しようという現れも、大人になる階段のひとつなんだと思います。
心の成長から見られる部分なのだろうけれど、今後は対応が難しくなるな・・・これが正直な気持ち。
行動のサポートは見える部分も多いので、サポートしやすいと言えばそうだろう。
心は見えない分 対応も、対応のパターンも多くなる・・・。
そして、その対応がよかったのか・・・ 見えづらい。
今回はほんのきっかけにしか過ぎないが、今後はきっと・・・こんな部分の悩みが多くなるのだろうと時間した1日でした。
そして最後になか先生が・・・
「お母様が、今までこんなにうまくいっていいのだろうか・・・。
 きっと今までうまく行った分、つまずくことが出てくるんだしょうね!!
 と、おっしゃってましたが、お母様はこのことをきっと前から 心配されていたんですね」
とおっしゃっていました。


面談後・・・
先生方も、様子を見ていてこれは・・・と感じた場面には・・・クラスから離して対面でお話しする時間を今は作ってくれている様です。
*くぅ*が2松にいる意味とは・・・。
そんな話をしてくれたと*くぅ*が話してくれました。
本当に先生方には 頭が上がりません。
本当に申し訳ございません。これからもよろしくお願い致します。




そして、帰った後・・・この出来事を聞いてみた。
そ「今はどう思っているの?」って。
く「(今でも)お友だちが悪い。」って。
落ち着いた後、ごめんなさいと最後は教室に入った様ですが、謝らなければ入れないのを知っている*くぅ*の行動だったんだなぁって。
心から納得はしていなかったんだねと。
そこから、2人で話し合いました。

少しでもいい・・・。
ママの気持ちが伝わったらいいな・・・。
これも今までと同じ積み重ねだもん・・・。
いっぽいっぽしか進めないかも知れない。
今までの様には成長が見られないかも知れない・・・。
ママも出来る部分は支えるから・・・。
一緒に頑張っていこうね・・・。


スポンサーサイト
別窓 | [★本日のくぅ★]小2年生Diary | コメント:0 |
<<*2学期終了* | *本日のくぅ・・・発達障害をもつ息子の成長日記* | *2年生最後の参観日*>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| *本日のくぅ・・・発達障害をもつ息子の成長日記* |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。